いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

集約してストレスをペイ、Pay。

すっかり熱が冷めてきた。

ペイペイ、メルペイ、ラインペイ、楽天ペイ、d払い。

5つのQRコード決済に手を出したけど、今はすっかり楽天ペイばかり。

コンビニに毎日行くのに、13日から実施されているd払いの20%還元キャンペーンを活用していない。

 

ゴールデンウィークの頃にQRコード決済を利用し始めた。

今週いっぱいはここが一番お得で、来週からはあれが一番お得。

そんなことを楽しめていたのは、大きな還元率のキャンペーンと未知の領域に足を踏み入れることへの興奮や新鮮さ故だった。

 

熱が冷めた理由は色々とある。

 

キャンペーンのときしか使わないこと。

ポイントの還元が遅いこと(メルペイは早い)。

差額を現金払いできないこと(Suicaはできる)。

 

アプリを立ち上げないといけない。

バーコードを読み取ってもらわないといけない。

この店電波の入り弱くて全然アプリ立ち上がらないじゃないか、のパターン。

 

キャンペーンが終わったら使わなくなる。

還元されるまでアプリを使わない。

そんなアプリをキャンペーンごと、店舗ごとに使い分けることの面倒臭さ。

還元されても「なんかもうどうでもいいわ」の心境(←今ここ)。

 

面倒くさい。お得に買い物をしたいけど、面倒くさい。とにかく面倒くさい。

自分の経済力を承知した上で、それでも尚。

 

 

楽しんでいない節約やキャンペーンの追っかけはストレスが大きい。なんだかダイエットみたいだ。

5キロマイナスだとしても、そんだけストレス溜め込んだらむしろ不健康、みたいな。

 

複数のアプリを利用していると「どうせならお得に買い物したいよね」のモチベーションが、「どうせならストレスなく買い物したいよね」のモチベーションにちょっと負ける。

日常的には使わないアプリという部分で結構負ける。

還元は1ヶ月先となると、もはや降参。

 

決済を日常的に使うクレジットカード・日常的に獲得するポイントに集約してストレスを最大限小さくすることにした。

昔読んだ本の中でウォーレン・バフェットが言っていた。投資はできるだけ小さくしたリスクの中で最大の利回りを目指すべき(だいたいこんな感じ)だと。QRコード決済にも通じる部分がある(と個人的には)。

 

今は殆ど楽天ペイかQUICPay(ApplePay←楽天カード)で決済をしている。

複数のアプリを管理する面倒臭さ、キャンペーンにまつわるあれこれの不満から解放されて随分と楽になった。

ストレスが減少した上に、嬉しいおまけも付いてきた。還元をあてにして無駄な買い物をする愚かな自分からも解放されたのだ。

松屋で還元ありきの注文を何度繰り返したことか。バイト月収考えたら大盛りか半熟玉子のどっちかだろ。豚汁変更まで組み合わせるのは流石にやりすぎだ。