いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

スマホ変えても内緒にしておく

格安スマホに変えようか悩む。

 

今のスマホの毎月の料金は8500円程。


端末代金は払い終わっていて、ゲームやアプリに課金してもいない。

 

通信や通話などの基本的な使用料のみでこの金額。
8500円が高いか安いかは人それぞれだけど、煙草のカートン2つ分だし、缶チューハイを40本以上買える。

 


自分が必要としていないものに対する出費だと考えるとものすごく高い。


家族割とか学割とかが適用されない単身の契約となると、8000円前後が大手キャリアを利用している人の毎月のスマホ代の相場なんじゃないかなと思う。


そういう意味では高くはない。

 

基本的な使用料しか払ってないから高く感じるのか?

 

たくさん使って12000円くらいになるほうが妥当な金額に感じるのかも。


基本の醤油ラーメンが880円だとちょっと高く感じるのに、トッピング全部のせで1100円だと納得感がある。妥当な金額なのは全部のせの方、みたいな感覚になる。


 

たくさん使って、色々な人と連絡を取って12000円だったら、高いとは思うけど納得感はある。
基本的な使用料だけで8500円払うほうがよっぽど割高に感じる。


 

大学を出てフリーターになって以降、少しずつアドレス帳から連絡先を消していった。


 

連絡を取らないから消す。

 

ちょっと違う。

 


連絡を取れなくてもいいから消す。


うん、こっちだ。


 

連絡を取れなくてもいい人を少しずつアドレス帳から消していった。
連絡を取らないから消す、という考え方だと実家とバイト先くらいしか残らない。

それじゃあ僕が不憫すぎる。肌触りのいい毛布とホットミルクを手渡してやりたい。

 


連絡を取れなくてもいい人を少しずつアドレス帳から消していく。

 

連絡先を交換したけど一回も連絡をしていない人が登録されている。


最大で100人くらいは登録されていたけれど、50人は一回も連絡をしてないと思う。あったとしても登録直後によろしくねー、の1ラリーがせいぜい。


そういう人たちはあっさりと連絡先を消すことができた。

 


自分から連絡をすることはほとんどない。

用件のないメールをほとんどしたことがない。

 

用のないメールをしないから、用のないメールの送り先として僕を選ぶ人がいない。


 

送ってない手紙に返信は届かない。

読まずに食べた黒ヤギさんもいない。

送ってないもん。


 

結局、やり取りをたくさんした人ではなく、仲良くしてくれた人しか残らない。仲良くしてくれた人の中から、連絡を取れなくてもいい人を少しずつ消していく。


あ、大前提としてほとんど全員と5年以上連絡を取ってないから。


 

一番最近のメールは一斉送信の大学のゼミの同窓会のお誘い。2年半前。


 

大学を卒業して以降、定期的に会う人といえば、バイト先の店長と常連のお客さんくらい。
仲が良いわけではなく、顔を合わせる程度の関係性。

 


電車通勤の方の、この人と同じ車両になること多いよな、程度。

一軍の女の子と僕との距離感。

高校の3年間同じクラスだったことはご存知でしょうか?


 

もしかしたら、という可能性に対して毎月毎月せっせとスマホ代を払っていた感覚がある。


 

もしかしたらまだ繋がりは消滅していないんじゃないか。

 

もしかしたら連絡が来るんじゃないか。


 

その可能性を否定したくなくてスマホ代を払っていた。単に便利な道具として、生活必需品として所有し続けていたわけではない。


 

連絡を取れなくてもいい人をアドレス帳から消していくことによって、自分の中にある願望が輪郭をくっきりとさせていく。

 

他者との繋がりを強く求めている自分を認識せざるを得ない。
見て見ぬ振りをするには目立ちすぎている。

賄賂をもらっているとはいえ流石に見逃せない。他の警備員に見つからない工夫をしてもらわないと、国境を越えさせられない。

 


アドレス帳から消せなかった人と自分との繋がりが途切れていないことを願っている。


スマホ代は節約したい。

でも繋がっている可能性を消滅させたくはない。

 

可能性を消滅させないためには連絡を取らないままにしておく必要がある。


 

スマホ変えました。

アドレス変えました。

 

この連絡をすることによって、いくつかの繋がりが消滅していることを確認しなくてはならない。

 


送信できませんでした、の返信の早さたるや。百人一首の名人よりも反応が早い。


ただでさえ登録人数が少ないのだ。身内もバイト先も含めて30人くらいしか登録されていないのだ。


 

そのうえ繋がっている可能性を信じていたい人たちに向けての連絡で、電光石火の送信エラーメッセージなんて勘弁願いたい。


 

コンピュータには心ってものがないぞ。

 

3日くらい経ってから、一生懸命探したんですけど、どうやら住所が変わっていたみたいで、、、って申し訳無い顔をつくって戻ってきてくれよ。

 


ちゃんと連絡が付いた相手から、今何の仕事をしているの?みたいな近況報告を求められるのも嫌。


 

連絡を取らずに、可能性を維持したままで、料金を抑える方法。流石に都合が良すぎるかと思ったけれど、すぐに見つかった。

 


MNPで格安スマホ(楽天モバイル)に乗り換える。
これだけ。

 

お互いに連絡を取り合う関係でないから成立する、悲しくも理想的な方法。


電話番号が変わらないから繋がっている可能性を消滅させないし、毎月5000円近くの料金の節約になる。

 


暗闇の中に希望の光を見つけたような感覚だ。年間で6万円程の節約になる。

 

消せなかった人たちとの繋がりの可能性を手放す必要がない。


 

簡単な方法だった。


スマホを変えても内緒にしておく。

たったそれだけ。