いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

キャノンは月を目指さず

‘あえて’使う。

僕がパワプロ(野球ゲーム)に出会った頃、広島東洋カープはそういうチームだった。

 

巨人だとつまらないから、あえて広島。ちなみにパリーグだと日ハム。西武だとつまらないから、あえて日ハム。

 

ソフトバンクはどうだったっけ?もう強いチームだった気がする。松中、城島、井口とスター選手が揃っていた気がする。

あえて使っていた記憶はない。てことは既に強くなっていた時代なのだろう。

 

シーズン中は全く見ていなかったくせに、日本シリーズだけ見て興奮していた。新聞のスポーツ欄でぼんやりと順位を知っていた程度の興味のくせに、テレビの前で釘付けになっていた。

 

ソフトバンクがパリーグの王者(シーズンは2位)として日本シリーズに参加していることは当たり前の光景として受け入れられる。

しかし、広島がセリーグ王者(シーズンも1位)として参加していることは、なんだかしっくりこない。

 

3年連続でセリーグ優勝を果たしたことは知っている。広島が勝つべくして勝ったチームだということも理解している。

前評判の高いチームが予想通り勝ち抜けた、ってだけの話なんだけど、パワプロで作られた最初のイメージが邪魔をしてくる。

 

どっちのファンでもなく試合を見ているのに、広島頑張れ!としか思えない。大阪桐蔭と金足農業の決勝戦の時の感覚。ジャイアントキリングを見せてくれ、って気持ちがどうしても芽生えてしまう。

3年連続リーグ優勝したチームに抱く気持ちではないとわかってはいるが…。

 

ソフトバンクの方が強かった、のかどうかはわからない。にわかだから。今宮は知ってたけど上林は知らなかったようなにわかだから。

 

でも、あのプレーがこっちに転んで入ればな…みたいなもののほとんどがソフトバンクの側に転んだとは思う。ツキがあったのはソフトバンクの方。紙一重のクロスプレーをことごとくアウトにしていたのがソフトバンク。

それを実力と呼ばず、ツキがあったと呼んでしまうのが、にわかの私。

 

甲斐キャノンがな…甲斐キャノンがなければな…。

 

盗塁6つを防いだ甲斐キャノンが、広島を苦しくさせた。足を使わないチームだったらあんなに苦しくさせられなかったのに。

 

困っている外国人に歩み寄って、僕英語話せますよ、って近づいて行ったらドイツ語だったみたいな感じ。英語話せるって言わなければ他の人と同じでドイツ語?でよかったのに、話せるって言って近づいた手前ある程度はコミュニケーションがとれないと収集つかない感じ。

 

一個は決めとかないと、って気持ちが生じるところが、走力が一つの武器として機能していたチームの苦しさだな、と思った。甲斐キャノンに封じられている、という感覚にとらわれてしまったのだろう。

 

甲斐キャノンって、字面がもう高性能だもの。他にものすごい強肩のキャッチャーが出てきても、甲斐キャノンには及ばない。

田中キャノン、鈴木キャノン、近藤キャノン。

不思議なもので、甲斐キャノンほどには速く真っ直ぐ飛び出しそうな感じがしない。字面の直線的な感じも甲斐キャノンをすごいと感じさせる要素だと思った。

 

広島に肩入れして中継を見ていたので何度も思った。キャノンじゃなければな、ロケットだったらな、と。

 

甲斐キャノンじゃなくて甲斐ロケットだったら、セカンド頭上を通り過ぎて広島の盗塁が成功していたのに。チャンスが広がっていたのに。

そのまま柳田選手を乗せて月を目指してくれたらよかったのに。

 

あえて盗塁を繰り返した広島に、今回はツキがなかった。