いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

インスタグラムのお悩みぐるぐる

インスタグラムを始めて1ヶ月が経過した。
この1ヶ月での投稿は69。1日2つ以上の投稿をしてきたことになる。

 

息切れが近いことは理解している。投稿して大丈夫な私物は、残りが少なくなってきた。

 

全ての私物を公開するつもりで投稿するのなら、当分は続けられる。
だけどそのつもりはないし、個人が特定されるとかされないとかではなく、何か怖い。

私物を公開し続けることは、内面をさらけ出すこととは違う怖さがある。


それがなんなのか、具体的な言葉を今は持っていないけど、何か、は必ずある。

 

そもそもは、好きなブランドの投稿や好きなお店の投稿を見たくて、アカウントを取得していた。

自分が投稿をするつもりはなかった。
見る専門のつもりでいた。もちろんツイッターも見る専門。

 

わざわざインスタグラムの投稿を始めたのは、自分の書いた記事を色々な人に見てもらいたかったからだ。

ただ記事を書いて、ただ投稿をするだけではすぐに埋もれて行ってしまう。
一生懸命書いたのに、人目につかないまま埋もれていってしまう。

 

自分の書いた記事に価値があるかどうかより、ほとんど誰の目にも触れないことを悲しく思う。

 

実家で暮らしていたときのことを思い出す。
テレビで紹介された料理をを作った母が、ほとんど手のつけられていない皿を見て悲しそうにしていた。

 

一生懸命作ったんだから、美味しいとか美味しくないとかは別にして、取り敢えず一口食べてみて感想を聞かせてよ。
テレビで紹介されていて、薬丸さんが「これ美味しい」って言ってたから。

 

今ならその気持ちが理解できる。
なんでもいいから反応が欲しい、感想が聞きたい。できれば褒めて欲しいし、不味いって言ったら許さないけど、まずは反応してほしい。

 

インスタグラムで僕の投稿を見た人が、記事を読んでくれたら嬉しい。そう思って投稿をしている。

 

投稿をしていると、毎日数人の人がフォローをしてくれる。そして、2〜3日の内にフォローを外していく。早い人だと当日中に外していく。

 

ネットで調べてみると、フォローをされたらフォローを返すのがマナーらしい、とわかる。
絶対ってことではないのだが、良好な関係を築くためにはそうする方がいいとのこと。

 

僕は他人の投稿にはさほど興味がない。
記事を見てもらう導線としてインスタグラムに投稿をしている。
だからフォローを返していない。

 

インスタグラムもツイッターも人間関係を構築するためのツールなのだろうか?

 

フォローされると嬉しい。

フォローが外れると悲しい。

 

そう思うけれど、相互フォローをしてやり取りをするのが当然ってことがピンとこない。
趣味や好みが同じだからって仲良くしたいわけじゃない。

 

なんというか、同じクラスになったからって、みんなと仲良くしたいわけじゃないあの感覚に似ている。

あいつと同じアニメが好きってことは内緒にしてバレないようにしておこう。

この子とはどうにも馬が合わないな。

 

自分がフォローをするときの気持ちを考えると、フォロー返しを期待していない。
興味があるからフォローをしているだけ。

だからフォローを返してもらえなくて腹がたつとか、フォローを外すとかがよくわからない。

気持ちとしては理解できるけど。

 

あれでしょ?
仲間はずれの子を輪に入れてあげようとしたのに、私はそういうの大丈夫なんで・・・って断られたようなものでしょ。

 

あの子なんなの?
気を遣って誘ってあげたっていうのにさ。
仲良くしてあげようとしたのに。

 

そういうことでしょ?


そんなこと言われてもおどおどする以外なんにも出来ない。嬉しいけど、望んでないんだよなぁ。

 

フォローを返さなくてヘソを曲げられても知ったこっちゃない。
でも、貴重なお客様候補を大切に扱うべきって気持ちもある。

単純にせっかくフォローしてくれたのに、って気持ちも。

 

どうしたらいいんだろう。
本当にどうしたらいいんだろう?