いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

キャメイラは見た。

「この人出禁になりました」後輩バイトに防犯カメラの映像を見せられる。

60前後の白髪混じりの男が写っていた。

 

ジャケットを着てスラックスを履いたカジュアルなビジネススタイルの男の左手にはビニール袋。

僕のバイト先のビニール袋とは違う種類だ。ロゴが印刷されている。

 

男は500mlのペットボトルが陳列されている棚の前に立ち、首を左右に振る。自分がいる通路に他の客や従業員の姿がないことを確認している。

右手を伸ばし、ほうじ茶を手に取る。

 

レジから遠ざかる方向に歩く男、防犯カメラに映る姿が大きくなる男。

手に持っていたビニール袋にほうじ茶を入れる瞬間が防犯カメラにとってのベストポジションだった。

男の犯行は肝心な部分がはっきりわかるように記録されていた。

店員の目が届かない位置にはカメラが設置されているのだ。いかにも、じゃない形の防犯カメラがしっかりと。

 

 

店を出た直後に社員に声をかけられた男は「警察を呼ぶのだけは勘弁してくれ」と言ったらしい。「それだけはどうしても嫌だ」と。

 

初犯ではないのだろうか?

以前別の店で万引きをして捕まったときに警察から「次やったら勤務先に連絡するから」などと警告をされていたのだろうか?

 

別の罪も犯していて芋づる式に発覚するのを恐れたとか?

パソコンの中に入っている児童ポルノ?

ジャケットの内ポケットに入っている覚醒剤?

それとも免許証の顔写真が自分史上最大にイケてないから本気で他人に見せたくないっていう丸の内OLみたいなプライド?

 

本気で願えば何でも叶うと言ったのは誰だろう。会社経営者か有名スポーツ選手だろうか。

男の願いは叶った。社員は店長に相談をした上で警察を呼ばないことに決めたのだ(色々と手間と時間がかかって面倒くさいってのもあり)。

出禁を言い渡し、2度と店に来ないことを約束させて男を店の外に出す。

ほうじ茶はもちろん返してもらった。

 

出禁って実際どれくらいの効力があるのだろう。従業員の全員が出禁客の顔を把握するのは難しい。

週1~2しかシフトに入らない人は覚えられないだろうし、僕のように週4~5日シフトに入っていても日中のお客さんの顔はわからない。

全く同じ格好で左手に他店のビニール袋を持って来店してくれればさすがにわかるけど、例えば家族と一緒にチノパンとセーターみたいな格好で来られたら今日の時点でもうわからないかも。

 

仮に見破ったとして、男に声を掛けて良いのだろうか?

出禁になるようなことをしたのは男の方だし、警察を呼ばなかったこちらの優しさを踏みにじっているわけだし、声をかける権利はあると思うんだけど…。

 

言ってみたいなぁ。

言ってみたいなぁ。

 

「お客さん、出禁ですよ。」

 

日中客だから僕の出勤時間には来ないだろうけど。

 

「お客さん、今日はほうじ茶の気分じゃないんですか?」

 

逆ギレされたら怖いから何も言わないんだろうけど。

 

「あ、お客さん、ここ、ここ。あのカメラが見てたんですねぇ。」

 

白を切られた時に深追いする勇気はないよなぁ。

 

言ってみたいなぁ。言ってみたいなぁ。ノーリスクなら言ってみたいなぁ。