いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

だから何ってことでもないけど。

コンビニで毎週新商品のデザートを買って、紹介ブログを書く。デパートの物産展に必ず参加をして、美味しかったもののレビューを書く。

 

ちょっと検索をかければすぐに出てくる便利な世の中。気に入ったもの、よかったものを紹介してくれる人って必ずいる。有難い。

 

カタログスペックが知りたいだけなら企業のホームページを見ればいいだけ。個人のブログや投稿を見てしまうのは、肌で感じた情報が書かれているからだ。

 

自動車の燃費性能なんてあてになんないんだから。実験が前提としている走行条件が世の中にないのだから(ゴールド免許のペーパードライバーの私の肌感覚)。

 

シュークリームの拘りの原材料とか製法とかは正直期待していない。一口目を勢い良くいくと、横からクリームがむにょんと大量にこぼれてしまうので気をつけてくださいね、みたいな情報が欲しい。

そういう情報に触れたくてレビューをみている(僕は)。

 

好きでやっていてもアフィリエイトでもいい。理由はどうでもいい。ただ、自分の気持ちに関係なく褒めるために作った内容はだめ。

あなたはどう感じたの?価値はそこにあると思っている。

 

好きなら好きでいいんですよね。おじさんがアイドルを応援しても、おばさんがジャニーズを応援しても。

いいんですよ、好きなら。

それに金持ってるし。

おじさん、おばさんに応援されている業界は強いですよ。

 

昔から疑問なのだが、おじさんのアイドル好きは気持ち悪いって言われるのに、おばさんのジャニーズ好きは気持ち悪いって言われないのはなんでだろう。

普通にいますよね?ジャニーズ大好きおばさん。ジャニーズジュニア大好きおばさん。

 

10代の女性アイドルを応援するおじさんは気持ち悪い。男性アイドルを応援するおばさんは気持ち悪くない。

 

そう?

おばさんに気持ち悪いって言えないだけでは?

 

10代のジャニーズジュニアだと気持ち悪いけど、30代の40代の人気グループだと気持ち悪くないみたいなこと?

 

母・娘でジャニーズファンの人はいるけど、父・息子でアイドルファンってあんまりいないイメージ。

父・息子だと共有するのが恥ずかしくてできない(僕の感覚では)。母・娘だと共有することができるのはなんでだ?

そういえば母・娘だと好きな異性のタイプを共有してるよなぁ(家庭によっては)。

 

父のアイドル好き、母のジャニーズ好き、と考えると母のジャニーズ好きの方が動揺しない。

なんでだろう?

 

おばさんの「息子を応援する気持ち」って言い分は、おじさんの「娘を応援する気持ち」って言い分よりも「嘘つけ!」感が少ない。

 

自分で書いていて、娘を応援する気持ちってなんだ!嘘つけ!って思ってしまった。

息子を応援する気持ち、にも嘘つけ!って思うけど、おじさんに対して思うほどには強く思えない。

 

僕が男だからか?

 

アイドルを応援するのに娘を応援する気持ちなわけないだろ、と思うからか?

 

てことはあなたはアイドルをいやらしい目で見ているのですね?

 

…異議なし。

 

男が女を見る目はいやらしく、女が男を見る目はいやらしくない。

そんなわけないだろ、と思うのだが、言い切れなくてもやもやとする。

僕が男だから女の人の感覚がわからないっていうのもあるけれど、なんかそれだけではない感じがしている。なんかこう…世の中の空気というか…。

 

(美人アスリート)って取り上げ方をセクハラだなんだと言ってる隣で(イケメンアスリート)を取り上げてちやほやしているわけですから。

 

いい歳したおじさんが10代の女の子にぞっこんで本当に気持ち悪い、って言ってる人が、娘と一緒にジャニーズコンサートに参加するわけですから。しかも、私の趣味に娘が興味を持って、の順番。

 

10代のアイドルが恋愛発覚した時に怒っているおじさんが気持ち悪い。

30代の人気男性グループのメンバーが未だに恋愛御法度の感じがあるのは…どう?

 

気持ち悪い…というか、怖い。おぞまし、恐ろし。稲川淳二が喋れば立派な怪談。

怖さで言えばこっちが数段上だと思うのだが…。

 

おじさんに対して言いやすいだけ?

おばさんに対して言いにくいだけ?

 

どうなんでしょうね。

だから何ってことでもないんですけど。

 

どっちが、ではない。どっちも、ではない感じなのはなんでだろう…ってだけ。なんだかもやもやする、ってだけ。

 

僕が感じていること、ここには…価値はないな。残念ながら。