いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

美人だからフォロー返しをするってのは違わないけど、フォロー返しをしていない他の人にはどう説明をするのだ

ついつい美人には優しくしてしまう。

ついつい男前には気立ての良さを見せてしまう。

 

気がつけば美人の前では格好つけてしまう。

気がつけば男前の前では声のトーンが1オクターブ上がってしまう。

 

シンメトリーに対する憧れや媚びへつらい。

自分よりも角度のついたアシンメトリーに対する厳しさ。

 

インスタグラムを利用していて初めて困った。これはどうするべきかと、迷いに迷った。

 

僕はインスタグラムとツイッターを利用しているが、相互フォローというものをしていない。していない、なんて格好をつけすぎか。できていない、か。

 

単純に情報収集をしたいだけなので、SNSで人間関係を築くことを希望していない。

 

相互フォローをしてコメントをしあったら…うーん、どうなんだろう。現実社会で人間関係を築くのと同じような気持ちになるのだろうか?

煩わしさを受け入れたなら、暖かな気持ちになれたりなれなかったりのあの感じ。

 

今の僕は、現実社会ではほとんどのネットワークが寸断されている。実家とバイト先以外は繋がっているのかわからない。

人間関係を築くことに対して腰が重くなっている。

 

そのうえドライアイ。インターネット上の付き合いを躊躇させる言い訳はちゃんとある。

腰が重いうえに天気が悪い。外出はまた今度にしよう。

そんな感じだ。

 

だから今は、一方的にフォローをして、一方的にフォローをされる関係性。

 

ツイッターは一方的なフォローのみだから関係ないんだけど、インスタグラムは時々フォローをされる。

 

フォローをしてくれた人の投稿を見ると、趣味が同じなんだろうなと思う人がいる一方で、全く理由がわからない人もいる。

 

なんでフォローされたんだ?

なんでフォローしてくれたの?

 

理由を教えてほしくなる。

投稿と趣味とフォローの全てを一致させる必要はないけど。でもさ。

 

投稿はお洒落な食事

趣味は筋トレ

フォローはアイドル

 

嗜好性は見えつつも適度に散らかっている。そういう感じの人はたくさんいる。自己プロデュースの一環としてインスタグラムを利用している人以外は、適度に散らかっているのが普通だ。

 

だけど、洒落洒落の作り込んだ世界観の投稿をしている人にフォローをされると、はてなを浮かべずにはいられない。

プロフィールと投稿をこれだけ作り込んでいて、僕のインスタグラムをフォローする。そんな脇の甘さある?

 

自己プロデュースのインスタグラム活動なら、フォローするアカウントやいいねを押す投稿まで含めてのブランディングだと思うのですが、いかがでしょうか?

 

フォローしてくれた人のほとんどは、2〜3日以内に姿を消す。当日中に姿を消す人もいる。

 

ほとんどの人が姿を消す中、ずっとフォローを続けてくれる人もいる。ありがたい。フォロー返しをしていないのに姿を消さないなんて。感謝感謝だ。

なんだか実家みたいだな。なんの親孝行もしていないのに姿を消さない。離れないでいてくれる。

 

情報収集のフォローしかしない僕だが、フォロー返しを考えない訳ではない。

この間、すごい美人にフォローをされときはフォロー返しを真剣に考えた。

 

その人は、ラーメンをすすっている投稿だけで、いいねが3000件くらいつくような人だった。

 

僕も馬鹿じゃないので、美人の写真を使っておっさんが運営しているアカウントの可能性を疑った。SNSやブログのアイコン画像が美人だと、それだけで滞在時間やPV数が増加するって聞いたことあるし。

 

おっさん運営の美人アカウントだとしたら、騙されないからな、と思う。

 

だけど、もしも美人が気まぐれに投稿しているアカウントだとしたら…。

これも何かの縁ですし、お時間ありましたらお茶しませんか?

 

実際には相互フォローになるのが関係性のピークだけど、学年で一番可愛い子と同じクラスになるようなものだから、良いことしかない。それだけで十分。

 

斜め前の席にその子の背中があるってだけで、自分のポテンシャルを考えたら、素敵な学園生活だ。

雲の切れ間から陽が射すようなもの。

フォロー返しをしようかな…

 

黙って受け入れてくれる実家の両親を裏切ってしまいそうだった。フォロー返しをしないのにフォローを続けてくれる人を裏切ってしまいそうになった。

 

いかんいかん。それはできない、裏切れない。フォローしてくれている人に示しがつかない。美人をフォローするために他の人のフォロー返しをするのは絶対に違うし。

 

奥歯を噛み締めて、耐えること3日。美人は僕の元を去っていった。

これでよかったのだ…これでよかったのだ。