いわにし日記

「いわにし」の取るに足らない日常や思いつき

学生時代

ぐらんぐらんジェンガ

そういえば、車道側にはいつも彼がいる。 そういえば、今年に入ってからトイレットペーパーを一度も補充していない。 子供を見つめる目の優しさ。 鍛え上げた肉体。 社会的地位。 圧倒的経済力。 ふとした瞬間に理解するあの人の優しさや気遣い。ちょっとや…

盛り下げ役の願い。

ふと思い出した大学生の頃の記憶。 卒業式の10日くらい前。ちょうど今の時期だ。 ゼミの同期に(当時のアパートの側の)焼き鳥屋に呼び出された。 「呼び出された」と書いてしまえば、いかにも欠かせないメンバーのように感じられる。 あいつがいないと始ま…

寝たふり寝たふり架空の宿題

寝たふり寝たふり架空の宿題。 席替えの結果次第では、卒業までの多くの時間を、俯いたまま自分の席で過ごしていただろう。 「共学だったらな…」いつの世も男子校出身者はたらればを語る。共学だったら自分にも恋愛のチャンスがあったかもしれない、と。 「…

私はまだ、暗闇の中

暗闇を抜け出して、光に照らされた道を歩いていける。 全てが変わると信じていた。 1月4日は思い出深い。記念日ではないが、そんじょそこらの記念日よりも僕にとっては深く刻まれている。記憶にもおちんちんにも。 手術を受けてから8年が経過した。 手術を受…

イブイブの言い訳

金網に肩をぶつけながら歩く。最寄駅からアパートまでの用水路沿いの道をカシャン、カシャンと大きな音をたてながら歩く。 目が覚めた僕は異変に気がついた。なんださっきの夢は?という感想より先に、まず頭が痛い。 頭痛の痛さではなく、後頭部そのものが…

卒業旅行のそれぞれ

引っ越し、帰省、飲み会、合コン、卒業旅行。金、金、金、金、金。 バイト先の大学生の話を聞いていると、とにかく金が必要とのこと。春から新社会人になり、あっさりと僕の月収を上回る彼だが、今は本当にきつい時期らしい。 引っ越しだけは本当にきついよ…

この道に出たかった。

サラリーマンなんか全員死ねばいい。 少しでも楽しそうにしている奴は全員死ねばいい。 大学を卒業してから2年くらいは本気でそう思っていた。 バイト先は、仕事帰りのサラリーマンが立ち寄るのにちょうどいい位置にあった。僕が出勤する時間の主要顧客であ…

バルス ≒ ゼクシィ ?

はっきりさせたら全て解決するから。 我々は白黒つけたがる。白黒つけて得られる幸せは、いつだって期待値を下回るものだと知っているのに。 浮気していないっていうならスマホを見せてよ。見られて困るラインがあるっていうの?見られて困る検索履歴がある…

愛遅パンバス

2025年、大阪万博の開催が決定した。 2025年…果てしなく遠い未来に感じてしまう。VRゴーグルを貸し出しすれば、会場に何一つ展示が必要ない時代になっているだろうけど、そういうこっちゃないから開催をするし、誘致を目指すのだろう。 東京五輪の開催が決定…

クラスの1軍の不思議

金持ちの家に生まれていたらな…。 男前に生まれていたらな…。 もし自分が女だったら…。 Superflyくらい歌上手かったら歌手目指すよな…。 橋本環奈くらい可愛かったらアイドル目指すよな…。 たらればたらればたられば。 無い物ねだりも、現実を生きる自分から…

優先順位と鎖でぐるぐる

アラーム以外でスマホが鳴るのは、バイト先からのシフトの相談と、実家から正月や盆は帰ってこれるのか?という連絡の時だけ。 僕のスマホは問い合わせフォームとして機能しているだけだ。通話機能付き小型パソコン。通信機能付きデジタル目覚まし時計。 OK…

カレーを作るのが下手

大学の時、友人に(当時の関係性なら友人ってことでよろしく)カレーを食べさせてくれと言われた。 ボンカレーでも銀座カリーでもなく、レトルトじゃなくてお前の作ったカレーが食べたい、と言われた。 プロポーズ? 随分と古風な表現なこと。 毎朝味噌汁を…

奥歯と噛み合うのは奥歯。

レジ打ちをしていて穏やかな気持ちのまま1日を過ごせることなどない。 中継ぎ投手の登板過多による勤続疲労。接客業でもそういうものがある。 お金を放り投げるように出されるとか、小さく折りたたんだお札をそのまま出されるとか、煙草の番号を聞き返しただ…

間でふらふら

入園式の日、僕は間違いなくスポットライトを浴びていた。 満員の観客にうっとりとみつめられる羽生選手の感じではなく、ブロック塀を背に複数の警察官に包囲される犯人の感じ。 椅子から立ち上がった僕は、園長先生に向かって、ゴリラ!ゴリラ!と連呼して…

痺れる展開

2013年4月2日。 朝の8時だったか、9時だったか。僕はツイッターを見ていてダルビッシュ投手が完全試合間近であることを知った。 メジャー2年目の初登板のこの日、8回まで1人の出塁も許さない投球をしていた。僕はこのタイミングで情報に触れた。 ダルビッシ…

押し付けられた正義にもやもや

一体何があったのだろうか? 20分前、おじさんは煙草を買いに来た。キャスターの3ミリ(当時はまだ400円くらいだった)を2箱。1,000円を差し出される。 手のジェスチャーでレシートを拒み(2度、3度と。こちらの根負け)お釣りを直接ポケットに突っ込んで帰っ…

同じところでこうも違う

退屈さとは無縁だった。出勤から退勤までずっとお客さんがひっきりなしにやってくる。大学生のときにアルバイトしていたスーパーはものすごく忙しかった。 レジ、レジ、レジレジレジ・・・よくもまぁ働いていたと思う。 学校の近くにあるスーパーだったので…

僕の頭上で小渕と黒田は

高校、大学の時は2週間に一度。 大学を卒業して以降、少しずつ間隔は短くなっていった。 10日→7日→5日→4日→3日。 坊主頭を整え直すべく、バリカンを稼働させるまでの間隔が短くなる。 だいたい2週間に一回。大学の時に同じバイト先の女の子にバリカンを使う…

大豆はセーフで、豆乳はアウト

久しぶりに食べられないものを見つけた。高校3年の時に山芋アレルギーだと気付いて以来の発見。 好き嫌いも食わず嫌いも多いので、見つからないのは当然。 部屋でゴロゴロしているだけだったら、コロンブスだって新大陸を発見していない。未知との遭遇は、行…

未来は僕らの手の中

あれはまだ、この年の夏の猛威を知らなかった頃のこと。 馬鹿にされたり、見下されたり。隠そうとしていてもこちらにはわかるもので、女性でいうところの、いま私の胸見てたでしょ、の感覚。 バイト先の大学生は隠し切れない。ボロが出る。 自身の明るい未来…

記憶違いするにも、入ってきていない情報をどうやって?

2年半振りに電話が鳴り、中学生の時の同級生と会話をしたのがお盆休み(世間でいうところの)。その時からずっと気になっていることがある。 同級生の中には結婚をしている人もいれば、子供を授かった人もいる。かろうじてまだ僕のように独身の人もいるが、少…

2年6ヶ月ぶりに電話が鳴って思うこと

いつもなら寝ている時間だった。 昼の2時は、設定したアラームよりも早い時間。アラームだとしたら誤作動だが、それは紛れもなく正常に作動していた。 着信だった。世間はお盆休みだった時のこと。 2年6ヶ月ぶりに実家とバイト先以外から着信があった。久し…

上がったボリューム、煌めくベース

藍坊主、というバンドが好き。 五厘刈りの青坊主の時から、それなりの禿げ頭になったアラサーの今でも。長いこと聴き続けている。 出会いは高校2年の時。同じ部活の友達が、別の友達と音楽談義をしているのを盗み聞きした。 2人は好きなバンドについて喋って…

デートのようなものを

僕のスマホにまだアラーム以外の役目があった頃、一度だけディズニーランドに女の子と遊びに行ったことがある。 開園から閉園まで、丸一日を一緒に過ごした。 大学3年の夏、同い年の女の子とディズニーランドに行った。最寄りの駅で待ち合わせをして、舞浜駅…

同窓会に参加していない僕と(正確には誘われていない)、参加し続けて最後の一人になった彼。

なんだ、今年はこれしかいないのか? 三上と山崎は? 下田もいないのか…。 あ、そうか、そういえばそうだったよな…。 成人式以降の同窓会に一度も参加していない。28歳の現在、中学や高校の同窓会が行われているのかわからない。行われているとして、何人く…

中西哲生さんに怒られる

コスタリカ戦をテレビで見ていて、この記事の存在を思い出した。公開するのに丁度いいきっかけを貰えてラッキー。 以下、ワールドカップが始まったときにnoteで公開した内容。 サッカー、サッカー、サッカー。 新聞もテレビもラジオもネットニュースも全部サ…